« ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2009/03/10まで) | トップページ | ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2009/03/12まで) »

2009年3月11日 (水)

魔法先生ネギま! 244時間目 の感想・考察

週刊少年マガジン15号に掲載された、魔法先生ネギま! 244時間目 ネギ、完敗!? の感想です。

お時間のある方、お付き合いのほどよろしくお願いします。
単行本派の方、以下ネタバレ注意です。

ネギの雷速瞬動の弱点を見切ったラカン!
「雷速といっても技の発動した一瞬の話 技のでがかりを潰す戦法が有効」
「雷そのものであるネギ 空気のカンジで雷の落ちる場所を予測できる 先行放電まである」

この2つをあっさりと見抜き、カウンター攻撃でネギをダウンに追い込んだラカン。(^_^;)
過去に雷の最上位精霊と戦った経験があるから対処できたとか。
ネギの技を食らっているさなか、相当冷静に今までの自分の経験を振り返り、どうすればよいかを分析していたのには驚きました。
いくら豊富な経験と努力によって強くなったラカンでも、あの一瞬で見切って完全な対処法を実行するとか、そこまで規格外な強さを見せ付けられると、今後ネギが起きあがったとしても、まず勝てないんじゃないかな…。
それともやはり、まだ第3の切り札(?)を用意しているんでしょうかね?

後半は、再び亜子の回想モードに。
決勝2日前のこと。
なんと、亜子が「ナギ=ネギ」であることを知ったのは、トサカがネギを脅していた場面を聞いてしまったからでした。
証拠の映像まで用意して、奴隷の首輪まで付けさせようとするなど、いかにもサスペンスドラマの悪役っぽい立ち位置のトサカ…。
でも、亜子の持っていた熱々のカレー鍋(どっから出したんだw)を被っちゃうとか、結局本物の悪にはなりきれない模様ww

それに、どうもネギのことを心底嫌に思っている風ではないみたいだし。
過去の自分の境遇と、サウザンドマスターという世界的に有名な人物の子供であるネギと、そして、強さを羨む気持ち…なんだか色々なものがごちゃ混ぜになっている状況が、トサカをこういう行動に走らせたんでしょうね。

ネギとトサカの会話に亜子が割って入ったことで、その場は上手くやりすごしたかたちに収まったようですけど、ナギの正体を知ってしまった亜子は…。
全てを知ってしまった後にも関わらず、ネギの大丈夫かという言葉に、笑顔を見せる姿がなんとも切ないですね。(´・ω・`)

夜。風呂場で一人泣き崩れる亜子…。
いつかはこんな場面が描かれるんだろうとは思っていましたけど、ホントにこれは悲し過ぎる…。
ラストで、亜子がアキラに抱き着いて泣き震えている描写は、今までのネギま!で一番悲しいシーンだと思いました。

さて、次回の245時間目までが一つの流れ、くくりとなるみたいですが、悲しみに暮れる亜子が、ネギを信じるという決意をするまでが描かれるとみて良いんですよね?
ラカンとのバトルも、245時間目で一応の決着は付くのでしょうか?
うーん、でもバトルはまだそこそこ続くかも…。
そういえば、コタロはもう戦闘不能になっちゃったんですかね?

|

« ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2009/03/10まで) | トップページ | ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2009/03/12まで) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

魔法先生ネギま!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/258484/28576960

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法先生ネギま! 244時間目 の感想・考察:

« ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2009/03/10まで) | トップページ | ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2009/03/12まで) »