« ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/12/23まで) | トップページ | ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/12/25まで) »

2008年12月24日 (水)

魔法先生ネギま! 236時間目 の感想・考察

マガジン2009年4・5合併号に掲載された、魔法先生ネギま! 236時間目 ナギ・コジロー組、出陣! の感想です。

お時間のある方、お付き合いのほどよろしくお願いします。
単行本派の方、以下ネタバレ注意です。

先週・先々週と間が空いてしまったので、ネギま!感想はなんだか久しぶりな気がします。

前回のラストで、ベアトリクスに連行されてったカモ…236時間目にホントに出てきませんでしたねww
やはりこれは…夕映たちのとの再会フラグと見て良いんでしょうか?(違うか
まあ、237時間目で普通にひょっこり登場するような気もしますが。

冒頭の茶室の場面…あれが楓のアーティファクトの内部ですか、なるほど…。
かなり広大な空間のようですね。
小さなコテージのようなものかと想像していたんですが、和室に日本庭園とか、純和風なところがいかにも楓っぽくて良いですね。(´-`*)

やはりくーふぇはまだネギとの仮契約はしてませんでしたね。
今後、詳しい描写があることを期待しています。
茶々丸はエヴァの従者になってるんだし、ロボとか関係なしですよね。
さよも、今のその姿なら、パクティオーできそうな気がしますけど…無理かなぁ。

楓・刹那・茶々丸・古菲・朝倉・ハルナ組は、廃都オスティア探険に。
茶々丸は微弱な白き翼バッジの反応を感じとっているようですね
新旧オスティア周辺に1~2のバッジ反応は、1つアリアドネー組にいる夕映のもので、もう1つは…本物の明日菜が持つバッジか、もしくはアーニャのものでしょうか。
(アーニャがバッジを持っているかどうかは微妙ですけど。)
朝倉のアーティファクト「渡鴉の人見」は何かを発見してくることになるのでしょうか?
フェイトたちのアジト(?)に近付き過ぎて、何かヤバイことになったり…?

場面は変わって、お祭り真っ最中の新オスティア。
幼児化+猫族化した木乃香たちが可愛過ぎる!
普通に溶け込んでる、栞が化けたニセ明日菜・・・いつ正体を現すことになるのでしょうか。
…うー、当分の間はそのままの状態で進んでいきそうな雰囲気ですね。

ちっこい木乃香たちを見たゆーな&まき絵の反応も良いですね。
そして、2人も幼児化…最近成長著しいゆーなも、幼児化すればまき絵と同じぺったんこですね。
千雨と、ゆーな・まき絵との会話が新鮮でした。
確かに、この3人で話す場面なんて、今までなかったような気がします。

ゆーな達には、まだナギ=ネギであることは話していなかったんですね。
まあ、亜子のこともあるし、運動部4人組の中で、しばらくはアキラだけが理解しているということでいく感じのようです。

いよいよ、拳闘大会が本格的にスタートしたようで、ネギ・コタロ組が戦うシーンが描かれています。
といっても、相手が弱いと踏んだのか、コタロは一切手出しをせず、ネギ1人で、2人を相手に戦ってますが。
「闇の魔法」(マギア・エレベア)を駆使して(両腕に魔法充填して)戦うネギ…フェイトたちとの一戦があってか、さらに強くなっているようですね。
普通に闇の魔法使ってますけど、体への負荷や披露の蓄積とかはないのでしょうか?
使う魔法の程度によるとか、修行して体への負荷をコントロールできるようになったとか、その辺りは何かありそうですね。
コタロ…ネギがどんどん強くなる姿を見て、内心焦っているように見えますが、以前に比べて、やはり精神的に強くなっているようで、麻帆良武道会の時とは反応が違いますね。

VIPルームのような場所から、ネギの戦いを見ていたラカンのもとに、ヘラスの第3皇女(名前はテオドラと判明)がやってきました。
…ラカンの回想話の時と雰囲気が違うなと思っていたら、従者たちが去るととたんにあの時と同じ態度に変わりました。
ラカンとテオドラのもとに、リカード元老院議員とアリアドネー魔法騎士団総長(名前はセラスと判明)も加わり、何やら気になるやりとりが交わされました。
このラカン+3人(帝国・連合・アリアドネーそれぞれの代表格)が裏で仲良くしているとマズイ…とは、はて?
言いかえると、帝国と連合は…実は中が良いのに、表向きは何故かあまり良くない関係であるような状態にある、と。
コレが意味するものは何でしょうか?
緊張状態も無く、お互い仲良くやっていることがが、他の何らかの勢力が、何かを引き起こすことになりかねないということなんでしょうかね。

それに、気になったのは、テオドラとラカンの会話。
どうやら、ヘラスの族は長命であって、30代が人間で換算するとまだ10代であるようですね。
テオドラがラカンに向かって「お前もそうじゃろ」と言ってますけど、これは…。
ラカンも実年齢を人間で換算すると30代…うーん、過去と現在のラカンの様子から、あまり歳を取っているようには見えないですし、確かに肉体年齢は相当に若いですよね。
そうか…ラカンも年を取るスピードが遅いんですね。
どういう仕組みでそうなっているのかはわかりませんが、種族的な問題なのか、それとも…?
…色々と超越しちゃってるラカンのことですから、案外「適当に気合いで」とか無茶苦茶な感じだったりしてww
それは無いかw

噂の拳闘士・ナギが、実はナギの本当の息子・ネギが変装している姿であることを聞かされ、驚く3人。
この3人でも、エヴァの年齢詐称薬の効果を見抜けなかったようですね。
「ナギの息子なら強くて当然だし、優勝はネギで決まり」と言ったテオドラに対し、ラカンが返した言葉が…今回一番驚いた所でした。
「なんつーか…俺もちょっと本気でアイツに興味が出てきてなぁ さっきこの大会にエントリーしてきたとこだ」
∑( ̄□ ̄;) ラカンも拳闘大会に参加する流れになった!?
フェイトパーティとの戦闘に注力して、拳闘大会があっと言う間に終わってしまうのかな…とか思っていたんですけど、ラカンの参加で、この大会にも今後何か大きな動きがありそうですね。(^_^;)

|

« ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/12/23まで) | トップページ | ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/12/25まで) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

魔法先生ネギま!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/258484/26473410

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法先生ネギま! 236時間目 の感想・考察:

« ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/12/23まで) | トップページ | ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/12/25まで) »