« パクティオーカードをどうやって保存しますか? | トップページ | ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/10/16まで) »

2008年10月15日 (水)

魔法先生ネギま! 229時間目 の感想・考察

マガジン46号に掲載された、魔法先生ネギま! 229時間目 フェイトの正体! の感想です。
…マガジン記載の時間数が228時間目になってますが、正確には今回は229時間目です。(^_^;)

お時間のある方、お付き合いのほどよろしくお願いします。
単行本派の方、以下ネタバレ注意です。

休載明けの229時間目は、ここ数話分のおさらい的なまとめ回でした。

夕映との感動の再会!…とは至らず、コレット他アリアドネー警備兵組に、ネギが賞金首の超凶悪犯であり、夕映を攻撃して気絶させたという悪い印象のみを与える結果になってしまいましたね。
意外とコレットが警備兵として活躍している感が…。(^_^;)
夕映自身は、記憶が無くても、体が覚えているというか、無意識のうちにネギのことを悟っような反応を見せましたね。
ネギも、夕映とは判断できなかったようですが、コレットが「ユエ!」と叫んだのはネギも聞いているはずなので、今後につながる第一歩といっても良さそうな状態で終わりましたね。
ボソボソ…ネギの電撃(?)で気絶した夕映…このショックで目が覚めたら記憶が戻るとかないかな…(無いか
ネギに逃げられ、悔しがるエミリィたち。
逃走を許してしまったことについて、会話ログを上に送れば納得…って、たぶんそれだと夕映の会話ログのせいで結局怒られるはめになりそうですなw

場面が変わって、パルの船に戻ったネギ・パーティの会話から、今まであちこちで議論されていたあの描写についての答えが判明しました。
ハルナは怪我して流血していたが、のどかと千雨はアデアットして防御力を上げ、落下のダメージを抑えていたので、血に見えたアレは果汁だったこと。
赤松先生の日記で、果汁であることはすでに掲載されていましたが、ストーリー中ではここで初めて語られています。

パルのアーティファクトは、召喚したものがダメージを受けると、描き出した本人にもダメージが1%くらい及ぶそうです。
なるほど…172時間目で、炎の魔神が古菲に攻撃された時にハルナも一緒に軽く飛んでたのは、そのせいもあったんですねぇ。

そういえば、古菲と楓のほうには、フェイトパーティによる襲撃は無かったのでしょうかね。
普通に合流して、話題にも出ていない所を見る限り、妨害とかを受けた感じはしませんが。

刹那のシャワーシーン。
月詠との戦いで言われた「人間である限りウチには勝てません」という言葉を思い出し悔しがる刹那…。
刹那の宿敵・月詠…次に戦う時は、お互いどんな姿で、どういった戦闘を展開するのでしょうか?

ネギパーティ「白き翼」全員集合場面。
フェイトたち「完全なる世界」残党と戦うハメになったことを、申し訳なさそうに報告するネギに対して、メンバーの大半は拍手して喜ぶって…。
何だろう、このお遊び感覚は。
ホントに3-Aクラスメイトたちは、色んな意味で強い方たちなんですね。(^_^;)
パル召喚の炎の魔神がネギにチョップしている場面で吹きました。
もうこのアニキがハルナの標準装備ということなんですねw


フェイトが落としたあの魔法アイテム…名前は「鵬法璽」といって、契約した者の言葉を絶対遵守させる魔導具で、相当な魔力を有するもののようです。
やっぱり、そうか…フェイトたちは、これによって、ネギの無力化を狙っていたんですね。
今後、ネギたちがこれを使う展開はあるかな…危険過ぎて使わなさそうな気もしますけど。

のどかの活躍によって、フェイト側の情報が一部判明。
フェイトの本名がテルティウム(3番目)であることは、229時間目以前に判明したことでもあるのですが、その時は知っていたのがのどかとコタロだけだったんですよね。
また、石化してしまってはいますが、「いどのえにっき」に残ったモノによって、フェイトの思考の一部を読み取ることにも成功しています。
いくつか書かれているフェイトたちの目的の中で気になったのが、箇条書きの最後に書かれていた
「旧王宮深奥部への侵入 黄昏の姫御子?」という一文です。
これにはどんな意味が…?
古菲の発言は、笑えない…。228時間目で一瞬マジそうなる(死亡ではなく石化ですが)かと思いましたし。

石化した次のページに書いてあったもの。
…それは、ナギとフェイトの間に何があったのかを示す、重要キーワード満載の文章でしたね。
「彼はこの数百年で唯一」「辿り着き、打ち倒した人間」「十年前に相討ち」
文全体が読めないので、まだわからないことが多すぎるのですが、この文章から今後伏線になりそうな箇所は見て取れます。
そして、行方不明のナギは、フェイトたち「完全なる世界」と無関係ではなかったことも判明しました。

ラカンによる、過去に何があったかのネタバレタイムは…昔話が苦手(?)なために、自主製作映画の上映会で。
妙に手の込んだつくりに仕上がっているラカン主役のその映像…EP(エピソード)1と書かれているってことは、何部作構成かはわかりませんが、続きがあるようです。
制作費はネギの給料からということになったらしいw
…ん…ネギの給料って、麻帆良学園の教師としての給料のことじゃないですよね?
ということは、魔法世界での拳闘士として得たお金からってことか…?
ネギの給料に関して発言できる立場…となると、もしやラカンは闘技場のお偉いさん(まさかオーナー?)とかだったりするんでしょうか!?∑( ̄□ ̄;)
うーん、でも217時間目で、ネギたちと一緒にいたラカンを見た時のトサカのセリフ「しかもありゃあ…千の刃の…」からすると、なんとなく闘技場のオーナーっぽい反応ではないように見えるんですよね。
トサカだったら、オーナーを知っているはずですし…いや、トサカ自身は直接オーナーの姿を見たことは無いのか?
このへんについてはいずれ判明する時が来るのかな…。


さて、最後に。
229時間目を見ている限り、一応、明日菜は本物のように見えます。
でも、あの時遭遇した焔と栞についての話が、メンバー全員が集合している場面で一切出てこなかったのが気になるんですよね。
…このことから、本物だとしても、何か記憶を操作されている可能性はあるかもしれませんね。

|

« パクティオーカードをどうやって保存しますか? | トップページ | ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/10/16まで) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

魔法先生ネギま!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/258484/24532636

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法先生ネギま! 229時間目 の感想・考察:

« パクティオーカードをどうやって保存しますか? | トップページ | ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/10/16まで) »