« ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/09/09まで) | トップページ | ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/09/11まで) »

2008年9月10日 (水)

魔法先生ネギま! 225時間目 の感想・考察

マガジン41号に掲載された、魔法先生ネギま! 225時間目 宣戦布告!! の感想です。

お時間のある方、お付き合いのほどよろしくお願いします。
単行本派の方、以下ネタバレ注意です。

今週は、何と言おうと「明日菜」のターン。
あの場面で、「大丈夫!!!」はスゴイなぁ…。(^_^;)
良い意味での「アホっぽさ」が炸裂。
フェイトの提示した案(罠)に、完全にまるめこまれそうになっていたネギの信念を軌道修正することに成功しましたね。
これには刹那も「ズキューン」とキタみたいです。
うーん、得体の知れない自信に満ちた明日菜に惚れたかな。

…しかし、やはりネギにはまだ、重要な局面での駆け引きや、大きな決断はできそうにないですねぇ。
素直過ぎるというか、利口過ぎるというか…。
こういった究極の決断は未経験だったということも判断を鈍らせた原因なのかもしれませんが、それに加えて、コタロの言っていた「アホっぽさが足りない」ことが如実に表れた状況とも言えそうですね。
それを上手く打破したのが、明日菜の介入だったようです。

明日菜のハリセンツッコミで
、『ラブひな』の景太郎ばりに「ろもけぺらもれ~」と吹っ飛ぶネギ。
間髪入れずにフェイトに対しても一撃。
これは良いですね!
こんな動揺するフェイトが見たかったのは自分だけではないはず。
ダメージが大きい小さいは別として、あのフェイトが明日菜の攻撃をまともに食らっている状況…明日菜も相当レベルアップしているみたいですね。

明日菜の活で、フェイトの提案を拒む決断をしたネギ。
「完全に正しい選択などない」という結論に達し、改めてフェイトに対し「否」であることを示しました。

交渉決裂で即戦闘に。
フェイトの攻撃をかわし、反撃で匕首・十六串呂を放った刹那…フェイトの持っていた謎の魔法具(相当な高レベルのアイテム?)を弾き飛ばしましたが、これはいったい…。
刹那のセリフと状況から推測すると、この魔法具は、今回のような交渉時に、自分の優位な方向へ導くために相手の判断をにぶらせたり、一度言わせた内容を強制したりするような一種の洗脳装置のようなものでしょうか。
ネギが身に付けた闇の魔法(マギア・エレベア)をただの出力アップと言いきったフェイト。
術式兵装したネギの攻撃を八卦掌の技で回避しているようですね。
八卦掌がフェイトの得意としている体術かはわかりませんが、ネギは以前フェイトと戦った時にこれに気が付いていたみたいです。
ということは、八卦掌の弱点のようなものを知るチャンスも今までにあったということでしょうか。
…期待ハズレと油断するフェイトに、ネギのキツイ一発がヒットしました。
ネギは、ただ闇の魔法を覚えただけでなく、それを上手く戦闘で活用する術をラカンのもとで修行し、身に付けていたこと…フェイトはその辺の認識が甘かったのかもしれません。
ネギの一撃をまともに食らったフェイト今までにない吹っ飛び方をしているラスト2ページの見開き描写がスゴイ。
うーむ、フェイトがこう何度も驚く表情を見せる状況って、今回が始めてなんじゃなかろうか。
このままネギたちの怒涛の攻撃に入っていくのか、それとも、夕映達の到着で一時バトルは中断するのか…それとも、まだ出てきていないフェイトの従者2人が絡んでくるのか…。
すごい気になる展開のまま、次週の226時間目に続いていくわけですね。

|

« ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/09/09まで) | トップページ | ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/09/11まで) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

魔法先生ネギま!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/258484/23653169

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法先生ネギま! 225時間目 の感想・考察:

« ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/09/09まで) | トップページ | ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/09/11まで) »