« ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/07/05まで) | トップページ | ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/07/07まで) »

2008年7月 6日 (日)

実は『ネギま部入部説明会』に参加してきました。

え~タイトルの通りです。( ̄▽ ̄;)
実は試写会に当選していたのです。
今まで黙っていたのにはわけがありまして。
簡単に言うと、当日(今日)まで行けるかわからなかったという状況でした。
当選していながら、もし当日参加できなかったら今回当たらなかった方たちに申し訳がなかったというのが正直な気持ちです。
うまい具合に事が運びまして、何とか参加できました。

簡単ではありますが、レポのほうを掲載しようと思います。
一応細かい部分も書くつもりではいますが、途中からメモを取るのを忘れるほど引きこまれていたので、抜けている部分もあるかと思いますが、よろしければ見てやってください。

【はじめに】
講談社の建物には、今回初めて入りました。
いや~、普通の場合関係者か作家さんたちでなかったらまず立ち入ることなどない場所ですよね。
自分は2時10分ぐらい前に会場1階に到着したのですが、受け付け開始時間までまだかなり時間があったはずなんですけど、その時にはすでに結構な人が並んでましたね。
前の人に倣い、そのまま列の後ろに。(列は2列に分けられてました)。
時間になって受け付け開始。
当選ハガキとひきかえに、アンケート用紙、赤松先生と神田朱美さんへの質問用紙、記入用の鉛筆(芯に持つ部分が付いている「φ」な感じの筆記具)を渡され、座席を決めるクジを箱から引きました。
自分の座席は前から3列目というかなりの好位置に決定。
これは運が良かったと思います。
簡単な荷物検査のあと、6階の会場に付いて、入口の座席表を確認。
実はこの時、楊さんらしき人物を発見したのですが(えっと、前から4列目でしたよね?)、いきなり話しかけにいったら驚かれる&警戒されると思い、断念したのです。( ̄▽ ̄;)
一度もオフでお会いしたことは無かったのですが、楊さんが事前にスバルの帽子(あと服も)のことを話されていたのを覚えていたので、すぐにわかりました。(もし人違いだったら大変申し訳ございません…)
試写会が始まる前に一度挨拶だけでもしようかとおもっていたのですが、お知り合いと思われる方たちと談笑されている所を割ってはいることもまずいだろうということもありましたので、終了後にしようとかと。

とりあえず、アンケート用紙(途中まで)と質問用紙の記入を済ませ、質問用紙を壇上前の回収箱へ。

【開始12~15分前】
突然のアナウンスが会場に。
声は明日菜(神田さん)で、事前の注意点などを話されていました。
ここで最初のサービス(?
「かわいい神田さん」って明日菜が言いきってましたww
会場の笑いを誘うナイスアナウンス!(´-`*)

【いよいよイベント開始】
そして、会場の時計で3時33分を回った頃、証明が消され、舞台の幕が開きました。
司会の吉田さん(ニッポン放送のアナウンサー)が登場。
「白き翼」のバッジは、ジュンク堂で自前で購入したものとのことです。
サブタイトルをカンでしまったのはご愛嬌。(^_^;)
今回の試写会当選人数は400人で、申込み数は3000を超えていたと…うわ、3000だとしても倍率は7.5…うーん、当選したのは相当運が良かったのかもしれません。
放映されるOAD第1話が完成したのは水曜日…できあがったばかりで吉田さんもまだ見ていないそうです。

【試写会内容】
いきなり麻帆良祭のクライマックス、ネギ対超の魔法戦から始まりました。
この冒頭の魔法戦だけで鳥肌モノ…「おおお、これはスゴイ」というのが、おマヌケですが最初の感想です。
感動しました。(^_^;)
超の未来帰還の場面。
一瞬でしたが、あの最終兵器を奪い合っている明日菜達の様子も入っていましたww
また、ネギま部設立やクウネル登場、修行風景(明日菜のサバイバル耐久テストは最後のシーンのみ)などがオープニングまでの間にダイジェストで流れました。
ダイジェストといってもその完成度は素晴らしく、所々削られているとは言え、ほぼ完全に原作通り…うわ~やっちまったなぁ(良い意味で
そしてオープニング開始。
オープニングテーマ『ハッピー☆マテリアル リターン』とともに、ビリヤードの玉が転がるアニメが流れました。
キャラクターが明日菜1カットのみというのが意外でしたが、これもありですね。

今回のメインは、176時間目~177時間目。
セリフもほとんどそのまま、細かい所まで原作通りという、まさにファンのための「動く原作」。
「原作+漫画では表現できない部分」が、映像と音で再現されているという、原作ファンなら何の違和感もない作品になっていると思いました。
全体的に笑い要素が多く、(もともと176時間目~177時間目はそういった部分が多いですが)、会場は何度も爆笑してましたね。
自分もかなり笑わせてもらえました。
原作とアニメの内容が同じであるなら、やっぱり動きと音声がある分だけアニメのほうが破壊力は高いこともありますよね。
とにかく今回の笑い要素はゆーなといいんちょに集中していたと思います。
いや~目が、目が…!って感じの場面が多くかなりツボりましたね。(^_^;)
ゆーなが好きな方、いいんちょ好きな方は必 見 で す !
明日菜に、いいんちょ・まき絵・風香・史伽が詰めよって襲いかかるシーンとか、
白き翼バッジを狙ったゆーなが、のどか・夕映にパッチモン(黄色いお面w)として迫るシーンとか、そのあたりのセリフも何もかもがそっくりそのままアニメになっているのには、爆笑と同時に感動しました。
夕映の魔法詠唱や効果、のどかのアーティファクト等の演出もアニメならではの臨場感のある再現がされていて、ホントに素晴らしいできだと、素人ながら思いましたよ。
あと、アーニャですが…事前にメガミマガジンとかのポスターなどを見ていたこともあり、原作とは違って祭り前に出てくるのかと思っていたのですが、その辺もしっかりと原作に忠実に再現されており、登場したのは177時間目と同じく最後の空港シーンだけでした。
エンディングテーマは『輝く君へ』の全員バージョン。
原作イラストが入れ替わり登場するという映像を見ながら、「もう終わってしまったのか」という惜しい気持ちになりました。
あっという間の30分…1回観ただけじゃ物足りないです。

【試写会後の赤松先生&神田朱美さんのトークショー】
赤松先生と明日菜役の神田朱美さんが登場。
吉田さんの発言に対しての、赤松先生の「段取りの間違い」指摘から始まり、吉田アナから先生&神田さんへの質問形式で話は進んでいきました。
家庭菜園の話や、使えたら便利な魔法についてやら、笑いの絶えない楽しい時間でした。

トークで、結構気になる内容・情報が混ざっていたので、いくつか取り上げてみようと思います。

◇祭りの夕方、古菲と歩いているシーンでの五月のセリフ
ちょっと聴き取りにくいかもしれませんが、五月にセリフがありました。

◇OADの呪文詠唱場面は、日本語とともにラテン語も併せて叫んでいる
会場ではちょっとわかりにくかったかもしれないので、OADを今度見る時は注意したいです。

◇パッチモンのお面が黄色になったのは…青だとマズイからw
会場は爆笑でしたねw

◇アニメ化するにあたって、他に候補に上がったストーリー
学園祭全部…は3巻では入りきらないということでやめたそうです。
その他、ゆーなのあの話とか茶々丸の話なども考えたそうです。
ちょっと怖~い感じの声色での神田さんの「どのキャラ…?」という赤松先生への返しに爆笑w

◇赤松健ランドを作るとしたらw
ネット上…これは何だかありそうな…。
吉田アナ「いきなり現実味を帯びてきた」というツッコミ、そしてどよめきが。

観客からの質問の話の流れのなかで、赤松先生への誕生日のお祝いと、四十肩への話に。
また、先生へのサプライズとして、ネギま!1200万分を祝う表彰式に。
金(の鍍金?)メダルと花束の贈呈。
赤松先生「言ってくれればいいのに」…って、事前に言っちゃってたらサプライズになりませんよ。(^_^;)
とにかく…すばらしい記録、おめでとうございます!

吉田アナの「帰ったらまた仕事?」という質問に対しての、赤松先生の返事。
帰ったら原稿の続き(まだ5枚しか…)発言に会場から「頑張れ!」という叫びが。

赤松先生からの会場に来た人たちへ、単行本23巻カバーイラストの公開。
限定版と通常版のイラストの違う部分についての説明もありました。

また、さらに気になる情報が上記の内容に混じって飛び出しました。

◇神田さん「ハピ☆マテリターンはテンポが速くて、腕を振るのが大変そう」
この意味深な発言…吉田アナも突っ込まずにはいられなかった模様です。

◇ヒミツノ放課後の収録
収録風景を見に行った赤松先生曰く「画伯が発狂したのではないか?」に爆笑。
非常ベルを鳴らそうと思ったそうですww

◇ネギまほラジオが。アニメイトTVで限定復活!?
会場で突然の飛びこみ情報。
まだ何も決まっていないそうですが…今後の発表に期待したいです。


【最後に】
今回の試写会…想像以上に楽しめました!
OADの出来についても、あのクオリティを2話・3話も維持し続けて欲しいと思います。
赤松先生、声優の皆さん、アニメ製作会社の皆さん、これからもがんばってください!
全力で応援していきたいと思います。



試写会が終わると、楊さんたちのグループはかなりの早さで会場を後にされたようで、話しかけるチャンスを逃してしまいました。(-_-;)
次は、お話できたらと思います。

|

« ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/07/05まで) | トップページ | ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/07/07まで) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

魔法先生ネギま!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/258484/22117971

この記事へのトラックバック一覧です: 実は『ネギま部入部説明会』に参加してきました。:

» ネギま!関連サイト巡回(07/07) [ネギま!部屋(楊さんのページ別館)]
■「アスニフルユメ。」さん「実は『ネギま部入部説明会』に参加してきました。」 >実はこの時、楊さんらしき人物を発見したのですが >(え... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 07時19分

« ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/07/05まで) | トップページ | ネギま!関連ニュース 他サイトさん更新記事 (2008/07/07まで) »